マザーハウス・ストーリー

1st year of Motherhouse マザーハウス1年目

バングラデシュの想いを、日本へ

2006年3月9日(「サンキュー」の日)。
バングラデシュのみんなの想いがつまったバッグを日本のお客様に届けたい。その想いを胸に、登記申請を行い正式に「株式会社マザーハウス」がスタートしました。

バッグ屋として、知識も経験もない山口。このバッグをお客様に届けるためには、どうしたらいいのだろう。すべてが手探り状態の中、ウェブサイトを立ち上げ、友達への紹介、そして、飛び込み営業を始めました。はじめての営業先の大手の百貨店のバイヤーさんに「おもしろいじゃん」と言っていただき、すこしずつバッグたちは、新しい場所で新しい人たちのお役に立てるようになっていきました。

在庫のバッグに囲まれながら眠れない夜が沢山あったけれど、気がついてみると、160個のバッグは約二ヶ月で完売していました。

新商品開発。再び、バングラデシュへ

2006年5月。お客様から頂いたメールを全てベンガル語に翻訳し、そして卸し先のタグを抱え、再びバングラデシュに向かいました。ドキドキしながら戻った工場。
少しずつ見えてくる工場のみんなの顔。びっくりした顔をして「マダムー!!」って駆け寄ってくる。「マダムが帰ってきたよー!!戻ってくるなんて思わなかったよー!」本当に素直に、はしゃいでいました。

完売したこと、そして卸し先のこと、沢山のお客さんに喜んでもらえたことを伝えました。「マダムやるじゃん!」と、また大はしゃぎのみんな。
感動の再会の翌日から、新商品の開発をはじめました。前よりももっともっと進化したバッグを、もっと品質を向上させ、もっと細部に対するこだわりをもって、そして、もっとお客様に喜んでいただけるように。今度は、650個のバッグを生産しました。

大きな勇気が必要で、生産には更なる忍耐力と試行錯誤が必要でした。そして、650個のバッグの販売活動を通じて沢山のことを学びました。バッグの知識がないことを痛感し、日本のバッグ職人さんの下で修行をさせていただきました。2006年10月には第一回目のお客様イベントを開催。

たくさんの方からパワーを頂き、「マザーハウスは、人と、人と、人に支えられている」そう実感しました。

 
1 / 4
  next