MOTHERHOUSE

MATERIAL

私たちの素材は、ジュート、レザー、ストールも全て現地の素材を用い、オリジナルの開発から行っています。
全ての素材が輝くために。

JUTEジュート

ジュート

「黄金の糸」として知られる麻の一種、ジュート。マザーハウスのバッグづくりの歴史は、この生地とともに始まりました。
コーヒー豆の袋などにも使用されるバングラデシュの特産品であるこの素材は、耐久性があり、通気性にも優れています。長年の試行錯誤に基づくオリジナルレシピによって、バッグに適した質の高いジュート生地を生み出しています。また、成長の過程において、綿などに比べ5~6倍の二酸化炭素を吸収する、環境にも優しい素材です。
素朴で優しい肌触りと、ナチュラルな風合いを楽しんでいただけます。

LEATHERレザー

レザー

私たちのレザーはほとんど全てが独自に開発したものです。
アンティーク仕上げのもの、レザーらしいシボ感があるもの、そしてグラデーションレザーと呼ばれる明暗の色味が一枚のレザーで表現されているものなど非常に多様です。レザーの開発は、商品開発と共に進められます。
素材とデザインの最適な組み合わせを探す旅こそが、マザーハウスのオリジナリティにつながっています。

SILK & CASHMEREシルク&カシミア

シルク&カシミア

マザーハウスにはバッグ以外にもたくさんのストールやマフラーがあります。それらは全てネパールで生産され、そのバリエーションはシルク、ウール、カシミア、夏になるとリネンや薄手のコットンなども作られます。
ロウシルクはネパールの草木で染めた自然染色の風合いが特徴的で、ウールやカシミアなどの風合いは羽根のような軽さと上品な光沢感が魅力です。それぞれの季節に合わせた首もとを温もりと共に飾ります。