MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

マザーハウス公式アカウント

  • Facebook マザーハウス
  • Twitter マザーハウス
  • インスタグラム マザーハウス
  • メールマガジンに登録

RINNE全店展開とソーシャルビンテージの新たな取り組みについて

2022.07.20

役目を終えたお客さまのレザーバッグを回収し、
そのレザーを再利用することで誕生した
世界にひとつだけのバッグと小物の”RINNE”シリーズ。

2020年7月の発売以来、一部店舗のみの展開としていましたが、
7月22日(金)からマザーハウス全店で
ご覧いただけるようになりました。

RINNEシリーズの詳細はこちらから

今回の全店展開は、サービスの開始から約2年が経ち、
お客さまからの回収バッグの数が増えたことに伴い、
実現することができました。

たくさんのお客さまにご協力いただきましたことに、
あらためて御礼申し上げます。

これからもマザーハウスは、お客さまにより長く、
大切にプロダクトをご愛用いただけるよう、
ケア・修理・回収のトータルサービス「ソーシャルビンテージ」
注力してまいります。

『RINNEするバッグ展』@本店を開催

RINNE発売2周年を記念して、マザーハウス本店にて
特別企画『RINNEするバッグ展』を開催します。

全店の中でも一番豊富にRINNEの在庫が揃うほか、
本店でバッグの回収サービスをご利用いただいた方限定で
その一部をキーホルダーにしてお持ち帰りいただける
DIYもご用意しています。

・企画展の詳細はこちら

すべてのパーツを再利用する新しい取り組み

これまでは回収バッグのレザーパーツのみを
“RINNE”シリーズにリメイクしてきましたが、
その他のパーツは再利用できていませんでした。

今回、アパレルブランド・ALL YOURSのスタートした、
不要な衣服を資源化する仕組み「HUG」と連携することで、
バッグの芯材や裏地といった有機物はセラミックパウダーになり、
すべてのパーツを再利用できるようになりました。

金属類はDIYなどで新しい姿に、
セラミックパウダーは新たな商品や店装備品として
活用する検討を進めてまいります。

・ALLYOURS 代表取締役 原康人さんからのメッセージはこちら

バッグ解体作業の新しい取り組み

自社で行ってきたバッグの解体作業を、
障害福祉サービスに特化した事業を展開している、
社会福祉法人 中越福祉会 みのわの里と提携することになりました。

マイノリティの可能性を信じて、
障がい者の方に多様な働き方を提供する中越福祉会との新たな連携で、
ゼロ・ウェイストな(廃棄物を減らし、ごみをゼロにする)
モノづくりを目指して、取り組んでまいります。

・中越福祉会 みのわの里 佐々木守さんからのメッセージはこちら

本件に関するお問い合わせ

マザーハウスお客さま窓口
電話番号:03-6240-1415(平日10:00~17:00)
メール :client@mother-house.jp

SNS & MAIL MAGAZINE最新情報をお届けしています

メールマガジン サンプル

イベントや新店舗、連載中のマガジン
情報もお届けしています。

motherhouse_official

マザーハウス
公式Instagramアカウント