MOTHERHOUSE

MOTHERHOUSE MAGAZINE

マザーハウス公式アカウント

  • Facebook マザーハウス
  • Twitter マザーハウス
  • インスタグラム マザーハウス
  • メールマガジンに登録
ぜひ行ってほしい!世界のこの街

マザーハウススタッフが訪れたことのある、世界のお気に入りの街をリレー形式でご紹介していく「ぜひ街!」。変わり者が多い?マザーハウススタッフの旅先は、これまた個性的です。
次のお休みの旅行に、一味違う旅先はいかがですか?毎週木曜日の更新です。

コラム一覧をみる
第50回 ぜひ行ってほしい!世界のこの街

日本にいながら空と海とアートでリフレッシュ 男木島&豊島(香川県)

2017.01.05
sakai

WRITTEN BY

酒井春奈 あべのsolaha店

こんにちは。あべのsolaha店の酒井です。

今回私がご紹介するのは香川県、瀬戸内海に浮かぶ
2つの島「男木島(おぎしま)」と「豊島(てしま)」です。

これまで販売のお仕事に就いていた期間が長かったこともあり、
・関西から弾丸で行ける(最短0泊2日!)
・ちょっと非日常感が味わえる
場所を旅先に選ぶことが多く、
瀬戸内の島々はぴったり!と何度も足を運んでおります。

2010年から3年に一度開催されている
「瀬戸内国際芸術祭」の会場でもあるため、
自然とアート、どちらも楽しむことができますよ。

今回は「ぜひ街」ではなく「ぜひ島」を
お楽しみいただけたら嬉しいです。

この街のおすすめポイント

1.石造りの灯台の向こうに広がる穏やかな海に癒される島 男木島
2.自然に溶け込むアートの中で頭をからっぽにできる島 豊島
3.猫好きにはたまらない!あちこちでまどろむ姿が見られます
 
 
 
おすすめポイント1
石造りの灯台の向こうに広がる穏やかな海に癒される島 男木島

高松港からフェリーに乗って、約40分。
image001
image003
小高い山のふもとに家々が密集している男木島は、
数時間もあればすぐ一周できてしまうほど小さな島です。
集落のエリアも、路地裏好きとしては歩くだけで楽しいのですが
image005
(このカラフルな壁は瀬戸内国際芸術祭の作品のひとつなので、
今はもうないかもしれません)

私のおすすめは、日本の灯台50選にも選ばれたという
御影石で作られた灯台!
image007
島の最北端、レンタサイクルで15分ほど走ったところに
どどんと立っています。

灯台の裏側へ回ると…
image009
石垣と、砂浜と…
image011
海!

向こう側には、次にご紹介する「豊島」が見えています。
波がとても穏やかで、行きかう船を
ぼ~~っと見ているだけでリセットできます。
 
 
 
おすすめポイント2
自然に溶け込むアートの中で頭をからっぽにできる島 豊島

男木島より少し沖合にある「豊島」も、
高松港からフェリーで向かいます。
海の向こう側、岡山県の宇野港や、
安藤忠雄の建築で有名な直島や小豆島を経由して向かうこともできますよ。
image013
豊島は半日ほどで一周できるので
自転車で回るのをおすすめしますが、ひとつ落とし穴が…
アップダウンが激しく、普段運動をしない…という私と似たような方には
とってもキツイです…!
しかしご安心ください。港で電動自転車を借りられます。
image015
文明の力に感謝しながら、自転車で回る醍醐味はコチラ!
image017
image019
必死で坂を上がった先に、広がる海!

結構な下り坂なので自転車で飛ばすと危ないと思いますが、
夏のお天気のいい日にここを走ると
童心に返ったような気持ちになれます。

坂を下りた先には「豊島美術館」という
棚田の中に埋もれたような白い建物の美術館があります。
image021
こちらはコンクリート造りのドーム状の天井に
ぽっかりと穴が二つ開いており
そこから聞こえる風の音や鳥の声、
自然の音に包まれながら過ごせる作品です。

周りの自然の中に自分も一体化しているような気分になって、
頭がからっぽになるのが気持ちよいです…
 
 
 
おすすめポイント3
猫好きにはたまらない!あちこちでまどろむ姿が見られます

島の中を散策していると、よく猫に遭遇します。
image023
image027
特に男木島や、男木島へ向かう際に経由する女木島では、
一匹二匹にとどまらず…
image029
こんな感じで、「猫だまり」ができていることも…
猫好きにはたまりません。

そういえば、こんなこともあった…」旅のこぼれ話

高松への交通手段は、電車やバス、遠方からなら飛行機などがありますが
関西からでしたら、船での移動をおすすめします。
私はもっぱら、三宮を夜中の1時に出発し、
早朝に高松に到着する「ジャンボフェリー」に乗ります!
image031
今の季節だと少し難しいのですが、
春から夏、秋ごろにかけては高松港に着くころに、
フェリー乗り場から見る水平線と朝日の浮かぶ空がとてもきれいです。
朝5時前に起きなければならないのですが…早起きの価値ありです。
image033
image035
image037
港の近くのコンビニでコーヒーを買って、
フェリー乗り場のベンチで海を眺めながら
ぼんやりしたり散歩したりするのが定番コースになっているのですが、
旅の前に頭をうまくリセットして
「旅モード」になれるちいさな儀式のような時間です。
image039
(男木島にあったのは石造りでしたが、
高松港には赤いガラスの灯台があります)

ジャンボフェリーはオリジナルのテーマソングがあって、
着岸の直前に大音量で流れるのですが
興味のある方はぜひ調べてみてください。(笑)
船内でうどんも食べられます!
image041

最後に3ポイント自己紹介

酒井春奈/さかいはるな
・京都生まれ、大阪育ちで生粋の関西人のはずが、あまり関西人ぽくないと言われます…
・ねことパンダとペンギンの写真をよく眺めています。
・旅先はだいたい美術館、水族館、建築物目当て。次に行くならブラジリアのオスカー・ニーマイヤー建築を巡る旅がしたいです。

関西エリアの採用説明会を開催します!

あべのsolaha店から電車で一本の「大阪店」にて
関西を一緒に盛り上げてくれる仲間を探すため、採用説明会を開催いたします。

現場で働くスタッフたちが、マザーハウスで働くとは?を語ります。
マザーハウスへの転職をお考えの方は、ぜひご参加ください。

【日程】
2017年1月14日(土) 09:00~11:00(8:45開場)
2017年1月18日(水) 20:15~22:15(20:05開場)

【会場】
マザーハウス大阪店
最寄駅:阪神梅田駅から徒歩1分
詳細な場所はこちら

※事前申込制です。
 詳しくはこちらをご覧ください。

マザーハウスの最新情報をお届けします

メッセージを送る

マザーハウスマガジンが
提供する4つのきっかけ

  • 旅する
    旅する

    新しい世界や自分に出会うきっかけをくれる旅。
    となり街にも、遠くの国にも。
    旅に出たくなるような「きっかけ」を。

  • つくる
    つくる

    普段は意識しないモノの向こう側。
    手でつくってみる、生産者に会ってみる。
    周りにあるモノに思いを馳せる「きっかけ」を。

  • まなぶ
    まなぶ

    学びは自分に新しい発見を与えてくれるもの。
    一生、学びは終わりません。
    学びが自分の力になる「きっかけ」を。

  • はたらく
    はたらく

    働くことで社会に提供している価値。
    毎日のことだからこそ、もっときちんと考えたい。
    自分の働くを考える「きっかけ」を。

SNS & MAIL MAGAZINE最新情報をお届けしています

メールマガジン サンプル

イベントや新店舗、連載中のマガジン
情報もお届けしています。

@motherhouse_jp

マザーハウス
公式Twitterアカウント